圧力と面積の関係


圧力は単位面積当たりの加わる力です。

したがって、いくつかの二点に加わる力が同じ場合、面積が広くなるほど圧力は小さくなります。逆に、面積が狭くなるほど、圧力は大きくなります。スニーカーに比べ、ハイヒールに触られた場合、より痛いのもこのためです。