顕微鏡の反転された像






プレパラートを動かしてみてください。

光学顕微鏡の種類と像(image)

光学顕微鏡は、「鏡筒上下式」と「ステージ上下式」に分けることができます。
二顕微鏡は焦点を調節するために、可動する部位が異なります。

「鏡筒上下式」は、文字通りに焦点を合わせるために、鏡筒を移動させます。対物レンズと接眼レンズの間で光の経路が裏返しなるため、目に見えるすべてのもの(上下左右)が逆に見えます。

それに反して、「ステージ上下式」は中間にプリズムが入っていて、画像の上下反転がもう一度行われます。したがって「ステージ上下式」顕微鏡は、左右だけ反転します。

以上の説明は、通常の顕微鏡の場合にのみ、正しい記述です。「ステージ上下式」も上下反転があることができ、「鏡筒上下式」も左右反転がある場合があります。したがって、サンプルを直接動かして見て観察することをお勧めします。

Related Post