インダクタとコンデンサ


なぜ、インダクタ(コイル)が接続された回路にスイッチを入れると電流が徐々に増加しますか?

インダクタ(コイル)に電流が流れ始めると、同時にインダクタの周りに磁界が生じます。
レンツの法則によれば、このような磁場の変化を防ぐために、インダクタは、自主的に逆起電力を作り出す、この逆起電力のために、電流は徐々に増加します。
インダクタに直流電流を供給し続けた場合、磁界の変化はもう生じないので、インダクタは、一般的な導線になって電流をよく通過させてくれます。
ところで、インダクタに交流電流を供給する場合には、インダクタは引き続き逆起電力を作って出すので、電流がよく流れなくなります。
したがって、インダクタは直流電流は、よく通るせるが、交流電流はよく通過させません。

なぜ、コンデンサ(キャパシタ)が接続された回路にスイッチを入れると、電流がしばらく流れ、停止でしょうか?

根本的にコンデンサ(キャパシタ)は、導線の一部が断線した(切断された)になります。
コンデンサが直列に接続された回路にスイッチを入れると、コンデンサが充電されている間は電流が流れるか、またはコンデンサの充電が完了すると、これ以上の電流は流れなくなります。
もし交流電源が供給されれば、コンデンサは、充放電を繰り返しながら、電流は引き続き流れることができるようになります。したがって、コンデンサは交流はよく通るせるが、直流はよく通過させません。

これらの特性は、どこに使用できますか?

インダクタは、交流回路の周波数が低いほど電流をよく通過させ、コンデンサは交流回路の周波数が高いほど電流をよく通過させます。
これらの周波数特性のために、インダクタとコンデンサは、電気信号の周波数をフィルタリングたりしたくない周波数の電流を防ぐ役割をすることができます。これは、無線通信など、私たちの周りで非常に緊要に使用されます。(例えば、TVやラジオの放送周波数を見つけること)