ベルヌーイの原理





このシミュレーションは、、

管の中を流れる流体粒子の平均速度がいずれの場合にも一定になるようにプログラムされています。
流体が管の内壁に衝突するということは何を意味するのですか?
流体が一方向に流れる起動すると、なぜ内壁に衝突する回数が減るでしょうか?
流体の流れと圧力はどのような関係があるでしょうか?

ベルヌーイの原理

流体が一方向に流れることは、他の方向への動きがないということです。つまり、流体が3次元上のx軸方向に流れると、y軸またはz軸方向には圧力が低くなる効果が発生します。
このように流体が流れる速度が速くなるほど、圧力が下がる現象は1783年ベルヌーイが発表したもので「ベルヌーイの原理」と呼ばれます。

空気圧縮式噴霧器は、ベルヌーイの原理を利用したものです。
風を強く吹き入れると、ストローの側面の圧力が低くなって、大気の圧力で水が押し寄せ上がってきます。この水が風によって散乱され、噴霧現象が起こります。