アルカン炭化水素化合物






「C」ボタンを押すと、炭素が追加され、「H」ボタンを押すと、水素原子、「O」ボタンを押すと、酸素原子を追加します。
追加された原子は、ランダムに配置されるため、正確な形が出ないことがあります。
炭素30個以下の分子を作ることができます。
原子の位置を移動することができます。
このシミュレーションでは、単結合のみ作れます。

有機化学(Organic chemistry)

有機化学とは、炭素化合物を研究する学問を指します。
炭素は、他の物質と容易に結合して、長鎖や環構造を簡単に作ることができます。
炭素化合物は、「炭素 – 炭素」単結合だけを持っている飽和炭化水素、「炭素 – 炭素」多重結合で作られている不飽和炭化水素、そして、ベンゼンと同様の構造を持つ特別な環式化合物、すなわち、芳香族炭化水素に分類されます。

炭素の特性

炭素原子は、価電子を4つ持っています。
炭素の最外殻に存在する4つの電子は、他の物質と結合しながら、様々な化合物を生成します。
炭素がこのように多様な構造を持っているさまざまな用途に活用することができるので、炭素化合物は、自然界で生命現象の基礎物質として利用されてきました。

アルカン(Alkane)

炭化水素化合物の中で、最も簡単なアルカン系化合物は、炭素と炭素間に単結合があります。
一般的に、細長い鎖状をしており、n個の炭素に、2×n+2個の水素がつくことができます。
主に燃料として使用され、長さが短いほど、気体になりやすいです。室温で、鎖の長さが長くなると、液体を経て固体状態になります。

  • メタン(methane)CH4
  • エタン(ethane)C2H6
  • プロパン(propane)C3H8
  • n-ブタン(n-buthane) C4H10
  • iso-ブタン(ブタンの異性体)C4H10:n-ブタンと化学式は同じだが、内部的には、他の構造を持っている化合物であり、融点や沸点などの化学的性質が互いに少しずつ異なります。